iPhone SE(ブラック)

VR
中古商品
ゲーム
Apple
Apple
Apple

商品一覧

(全商品:358点)
  • JBL FLIP6 Bluetoothスピーカー 2ウェイ・スピーカー構成/USB C充電/IP67防塵防水/パッシブラジエーター搭載/ポータブル レッド JBLFLIP6RED
    JBL FLIP6 Bluetoothスピーカー 2ウェイ・スピーカー構成/USB C充電/IP67防塵防水/パッシブラジエーター搭載/ポータブル レッド JBLFLIP6RED
    ■大好評の「JBLボールドデザイン」にリニューアルしたコンパクト設計
    「GO 3」や「CHARGE 5」などのモデルにも採用され好評を博している、新しいデザイン・アイデンティティ「JBL ボールドデザイン」を、本モデルのフロントにもついに採用。大胆にあしらわれたロゴのエッジ部分には、JBLのブランドカラーであるオレンジを配したメタル素材を用いることで、ブランドのカラーを主張しつつ、より洗練された上質感を演出しました。
    また、ボディとロゴのカラートーンを併せた 「TONE on TONE」によって、より全体的に調和のとれた、ファッショナブルなデザインにアップデートしています。
    また、標準的な500mlのペットボトルと同じくらいの太さ、重量で、片手でも持ち運びしやすいコンパクト設計が人気の「FLIP」シリーズの中でも、前モデル「FLIP 5」に比べて、容積を94%程度におさえることにより全体的に小型化を実現。手が小さい方や、お子様でも無理なくお取り扱いが可能で、自転車や自動車のドリンクホルダーへ納めることも可能です。

    ■本格的な2ウェイ・スピーカー構成でシリーズ史上最高音質を実現
    「FLIP」シリーズのために開発された44x80mm径の大きな楕円形のウーファーと低音増強用に搭載されたデュアルパッシブラジエーターに加え、本モデルでは新たに16mm径ツイーターを搭載し、本格的な2ウェイ・スピーカー構成を採用。大口径のウーファーによりダイナミックな低域を再現し、新搭載のツイーターによって明瞭度の高い高音域を再生させることで、前モデルから飛躍的に音質を向上させています。
    前モデルの「FLIP 5」に比べて94%コンパクト設計になった筐体でありながら、本体サイズを超えるパワフルで解像度の高いクリアなJBLサウンドをご堪能いただけます。

    ■屋内外でも安心して使える防水・防塵性能(IP67)に進化
    前モデルまでの防水性能に加え、新たに防塵にも対応したIP67に対応。家の中のお風呂、キッチンなどの水周りでの使用はもちろん、ビーチやキャンプ場などの砂埃などが気になるアウトドアシーンでも心置きなくお使いいただけるようになり、より活用の幅を広げました。
    また、本体背面に搭載された充電端子(USB Type-C)も防水・防塵対応のため、ボディが汚れてもそのまま丸洗いが可能です。

    ■最大約12時間再生のワイヤレス再生
    前モデル同様、4800mAhの大容量バッテリーを搭載し、連続約12時間以上のワイヤレス再生が可能です。自宅や屋内で音楽や動画視聴を楽しめるだけではなく、キャンプなどで長時間外出するときでも、頻繁なバッテリー切れの心配はありません。充電端子にはUSB Type-Cを採用しており、端子形状が対称なため向きを気にせずスムーズに充電を開始できます。

    ■充実のワイヤレス機能「PartyBoost」により複数台同時接続可能
    Bluetoothによって複数台のスピーカー同士を接続できる「PartyBoost」機能を搭載。
    「JBL Portable」アプリでの操作の他、スピーカー本体の「PartyBoost」ボタンを押すだけで、同機能を搭載したスピーカー同士を複数台同時にワイヤレスで接続し、ステレオモードで立体的な音像を楽しめたり、パーティーやスタジオでのダンスレッスンなど、広い会場で迫力のあるサウンドを楽しみたい時に活躍します。
    ソーシャルモードにも対応しており、スマートホンやタブレットなどのデバイスを2台までBluetooth接続で同時にペアリングでき、交互に音楽再生することもできます。接続した2台のデバイスのうち、最後に再生ボタンを押したデバイスの音楽が再生され切り替えも簡単。

    ■ライフスタイルを彩る人気の定番カラー展開
    どんなシーンやインテリアにも馴染むベーシックなカラーから、アクティブなシーンで映えるカラーまで、お好みの1台をお選びいただけます。また、防水防塵対応でありながら、温もりのあるファブリック素材を採用することで、家の中からアウトドアまで幅広いシーンでお使いいただけるデザインにリニューアルしています。
    17,500pt
  • JBL FLIP6 Bluetoothスピーカー 2ウェイ・スピーカー構成/USB C充電/IP67防塵防水/パッシブラジエーター搭載/ポータブル ホワイト JBLFLIP6WHT
    JBL FLIP6 Bluetoothスピーカー 2ウェイ・スピーカー構成/USB C充電/IP67防塵防水/パッシブラジエーター搭載/ポータブル ホワイト JBLFLIP6WHT
    ■大好評の「JBLボールドデザイン」にリニューアルしたコンパクト設計
    「GO 3」や「CHARGE 5」などのモデルにも採用され好評を博している、新しいデザイン・アイデンティティ「JBL ボールドデザイン」を、本モデルのフロントにもついに採用。大胆にあしらわれたロゴのエッジ部分には、JBLのブランドカラーであるオレンジを配したメタル素材を用いることで、ブランドのカラーを主張しつつ、より洗練された上質感を演出しました。
    また、ボディとロゴのカラートーンを併せた 「TONE on TONE」によって、より全体的に調和のとれた、ファッショナブルなデザインにアップデートしています。
    また、標準的な500mlのペットボトルと同じくらいの太さ、重量で、片手でも持ち運びしやすいコンパクト設計が人気の「FLIP」シリーズの中でも、前モデル「FLIP 5」に比べて、容積を94%程度におさえることにより全体的に小型化を実現。手が小さい方や、お子様でも無理なくお取り扱いが可能で、自転車や自動車のドリンクホルダーへ納めることも可能です。

    ■本格的な2ウェイ・スピーカー構成でシリーズ史上最高音質を実現
    「FLIP」シリーズのために開発された44x80mm径の大きな楕円形のウーファーと低音増強用に搭載されたデュアルパッシブラジエーターに加え、本モデルでは新たに16mm径ツイーターを搭載し、本格的な2ウェイ・スピーカー構成を採用。大口径のウーファーによりダイナミックな低域を再現し、新搭載のツイーターによって明瞭度の高い高音域を再生させることで、前モデルから飛躍的に音質を向上させています。
    前モデルの「FLIP 5」に比べて94%コンパクト設計になった筐体でありながら、本体サイズを超えるパワフルで解像度の高いクリアなJBLサウンドをご堪能いただけます。

    ■屋内外でも安心して使える防水・防塵性能(IP67)に進化
    前モデルまでの防水性能に加え、新たに防塵にも対応したIP67に対応。家の中のお風呂、キッチンなどの水周りでの使用はもちろん、ビーチやキャンプ場などの砂埃などが気になるアウトドアシーンでも心置きなくお使いいただけるようになり、より活用の幅を広げました。
    また、本体背面に搭載された充電端子(USB Type-C)も防水・防塵対応のため、ボディが汚れてもそのまま丸洗いが可能です。

    ■最大約12時間再生のワイヤレス再生
    前モデル同様、4800mAhの大容量バッテリーを搭載し、連続約12時間以上のワイヤレス再生が可能です。自宅や屋内で音楽や動画視聴を楽しめるだけではなく、キャンプなどで長時間外出するときでも、頻繁なバッテリー切れの心配はありません。充電端子にはUSB Type-Cを採用しており、端子形状が対称なため向きを気にせずスムーズに充電を開始できます。

    ■充実のワイヤレス機能「PartyBoost」により複数台同時接続可能
    Bluetoothによって複数台のスピーカー同士を接続できる「PartyBoost」機能を搭載。
    「JBL Portable」アプリでの操作の他、スピーカー本体の「PartyBoost」ボタンを押すだけで、同機能を搭載したスピーカー同士を複数台同時にワイヤレスで接続し、ステレオモードで立体的な音像を楽しめたり、パーティーやスタジオでのダンスレッスンなど、広い会場で迫力のあるサウンドを楽しみたい時に活躍します。
    ソーシャルモードにも対応しており、スマートホンやタブレットなどのデバイスを2台までBluetooth接続で同時にペアリングでき、交互に音楽再生することもできます。接続した2台のデバイスのうち、最後に再生ボタンを押したデバイスの音楽が再生され切り替えも簡単。

    ■ライフスタイルを彩る人気の定番カラー展開
    どんなシーンやインテリアにも馴染むベーシックなカラーから、アクティブなシーンで映えるカラーまで、お好みの1台をお選びいただけます。また、防水防塵対応でありながら、温もりのあるファブリック素材を採用することで、家の中からアウトドアまで幅広いシーンでお使いいただけるデザインにリニューアルしています。
    17,500pt
  • JBL FLIP6 Bluetoothスピーカー 2ウェイ・スピーカー構成/USB C充電/IP67防塵防水/パッシブラジエーター搭載/ポータブル ピンク JBLFLIP6PINK
    JBL FLIP6 Bluetoothスピーカー 2ウェイ・スピーカー構成/USB C充電/IP67防塵防水/パッシブラジエーター搭載/ポータブル ピンク JBLFLIP6PINK
    ■大好評の「JBLボールドデザイン」にリニューアルしたコンパクト設計
    「GO 3」や「CHARGE 5」などのモデルにも採用され好評を博している、新しいデザイン・アイデンティティ「JBL ボールドデザイン」を、本モデルのフロントにもついに採用。大胆にあしらわれたロゴのエッジ部分には、JBLのブランドカラーであるオレンジを配したメタル素材を用いることで、ブランドのカラーを主張しつつ、より洗練された上質感を演出しました。
    また、ボディとロゴのカラートーンを併せた 「TONE on TONE」によって、より全体的に調和のとれた、ファッショナブルなデザインにアップデートしています。
    また、標準的な500mlのペットボトルと同じくらいの太さ、重量で、片手でも持ち運びしやすいコンパクト設計が人気の「FLIP」シリーズの中でも、前モデル「FLIP 5」に比べて、容積を94%程度におさえることにより全体的に小型化を実現。手が小さい方や、お子様でも無理なくお取り扱いが可能で、自転車や自動車のドリンクホルダーへ納めることも可能です。

    ■本格的な2ウェイ・スピーカー構成でシリーズ史上最高音質を実現
    「FLIP」シリーズのために開発された44x80mm径の大きな楕円形のウーファーと低音増強用に搭載されたデュアルパッシブラジエーターに加え、本モデルでは新たに16mm径ツイーターを搭載し、本格的な2ウェイ・スピーカー構成を採用。大口径のウーファーによりダイナミックな低域を再現し、新搭載のツイーターによって明瞭度の高い高音域を再生させることで、前モデルから飛躍的に音質を向上させています。
    前モデルの「FLIP 5」に比べて94%コンパクト設計になった筐体でありながら、本体サイズを超えるパワフルで解像度の高いクリアなJBLサウンドをご堪能いただけます。

    ■屋内外でも安心して使える防水・防塵性能(IP67)に進化
    前モデルまでの防水性能に加え、新たに防塵にも対応したIP67に対応。家の中のお風呂、キッチンなどの水周りでの使用はもちろん、ビーチやキャンプ場などの砂埃などが気になるアウトドアシーンでも心置きなくお使いいただけるようになり、より活用の幅を広げました。
    また、本体背面に搭載された充電端子(USB Type-C)も防水・防塵対応のため、ボディが汚れてもそのまま丸洗いが可能です。

    ■最大約12時間再生のワイヤレス再生
    前モデル同様、4800mAhの大容量バッテリーを搭載し、連続約12時間以上のワイヤレス再生が可能です。自宅や屋内で音楽や動画視聴を楽しめるだけではなく、キャンプなどで長時間外出するときでも、頻繁なバッテリー切れの心配はありません。充電端子にはUSB Type-Cを採用しており、端子形状が対称なため向きを気にせずスムーズに充電を開始できます。

    ■充実のワイヤレス機能「PartyBoost」により複数台同時接続可能
    Bluetoothによって複数台のスピーカー同士を接続できる「PartyBoost」機能を搭載。
    「JBL Portable」アプリでの操作の他、スピーカー本体の「PartyBoost」ボタンを押すだけで、同機能を搭載したスピーカー同士を複数台同時にワイヤレスで接続し、ステレオモードで立体的な音像を楽しめたり、パーティーやスタジオでのダンスレッスンなど、広い会場で迫力のあるサウンドを楽しみたい時に活躍します。
    ソーシャルモードにも対応しており、スマートホンやタブレットなどのデバイスを2台までBluetooth接続で同時にペアリングでき、交互に音楽再生することもできます。接続した2台のデバイスのうち、最後に再生ボタンを押したデバイスの音楽が再生され切り替えも簡単。

    ■ライフスタイルを彩る人気の定番カラー展開
    どんなシーンやインテリアにも馴染むベーシックなカラーから、アクティブなシーンで映えるカラーまで、お好みの1台をお選びいただけます。また、防水防塵対応でありながら、温もりのあるファブリック素材を採用することで、家の中からアウトドアまで幅広いシーンでお使いいただけるデザインにリニューアルしています。
    17,500pt
  • JBL FLIP6 Bluetoothスピーカー 2ウェイ・スピーカー構成/USB C充電/IP67防塵防水/パッシブラジエーター搭載/ポータブル ブラック JBLFLIP6BLK
    JBL FLIP6 Bluetoothスピーカー 2ウェイ・スピーカー構成/USB C充電/IP67防塵防水/パッシブラジエーター搭載/ポータブル ブラック JBLFLIP6BLK
    ■大好評の「JBLボールドデザイン」にリニューアルしたコンパクト設計
    「GO 3」や「CHARGE 5」などのモデルにも採用され好評を博している、新しいデザイン・アイデンティティ「JBL ボールドデザイン」を、本モデルのフロントにもついに採用。大胆にあしらわれたロゴのエッジ部分には、JBLのブランドカラーであるオレンジを配したメタル素材を用いることで、ブランドのカラーを主張しつつ、より洗練された上質感を演出しました。
    また、ボディとロゴのカラートーンを併せた 「TONE on TONE」によって、より全体的に調和のとれた、ファッショナブルなデザインにアップデートしています。
    また、標準的な500mlのペットボトルと同じくらいの太さ、重量で、片手でも持ち運びしやすいコンパクト設計が人気の「FLIP」シリーズの中でも、前モデル「FLIP 5」に比べて、容積を94%程度におさえることにより全体的に小型化を実現。手が小さい方や、お子様でも無理なくお取り扱いが可能で、自転車や自動車のドリンクホルダーへ納めることも可能です。

    ■本格的な2ウェイ・スピーカー構成でシリーズ史上最高音質を実現
    「FLIP」シリーズのために開発された44x80mm径の大きな楕円形のウーファーと低音増強用に搭載されたデュアルパッシブラジエーターに加え、本モデルでは新たに16mm径ツイーターを搭載し、本格的な2ウェイ・スピーカー構成を採用。大口径のウーファーによりダイナミックな低域を再現し、新搭載のツイーターによって明瞭度の高い高音域を再生させることで、前モデルから飛躍的に音質を向上させています。
    前モデルの「FLIP 5」に比べて94%コンパクト設計になった筐体でありながら、本体サイズを超えるパワフルで解像度の高いクリアなJBLサウンドをご堪能いただけます。

    ■屋内外でも安心して使える防水・防塵性能(IP67)に進化
    前モデルまでの防水性能に加え、新たに防塵にも対応したIP67に対応。家の中のお風呂、キッチンなどの水周りでの使用はもちろん、ビーチやキャンプ場などの砂埃などが気になるアウトドアシーンでも心置きなくお使いいただけるようになり、より活用の幅を広げました。
    また、本体背面に搭載された充電端子(USB Type-C)も防水・防塵対応のため、ボディが汚れてもそのまま丸洗いが可能です。

    ■最大約12時間再生のワイヤレス再生
    前モデル同様、4800mAhの大容量バッテリーを搭載し、連続約12時間以上のワイヤレス再生が可能です。自宅や屋内で音楽や動画視聴を楽しめるだけではなく、キャンプなどで長時間外出するときでも、頻繁なバッテリー切れの心配はありません。充電端子にはUSB Type-Cを採用しており、端子形状が対称なため向きを気にせずスムーズに充電を開始できます。

    ■充実のワイヤレス機能「PartyBoost」により複数台同時接続可能
    Bluetoothによって複数台のスピーカー同士を接続できる「PartyBoost」機能を搭載。
    「JBL Portable」アプリでの操作の他、スピーカー本体の「PartyBoost」ボタンを押すだけで、同機能を搭載したスピーカー同士を複数台同時にワイヤレスで接続し、ステレオモードで立体的な音像を楽しめたり、パーティーやスタジオでのダンスレッスンなど、広い会場で迫力のあるサウンドを楽しみたい時に活躍します。
    ソーシャルモードにも対応しており、スマートホンやタブレットなどのデバイスを2台までBluetooth接続で同時にペアリングでき、交互に音楽再生することもできます。接続した2台のデバイスのうち、最後に再生ボタンを押したデバイスの音楽が再生され切り替えも簡単。

    ■ライフスタイルを彩る人気の定番カラー展開
    どんなシーンやインテリアにも馴染むベーシックなカラーから、アクティブなシーンで映えるカラーまで、お好みの1台をお選びいただけます。また、防水防塵対応でありながら、温もりのあるファブリック素材を採用することで、家の中からアウトドアまで幅広いシーンでお使いいただけるデザインにリニューアルしています。
    17,500pt
  • JBL FLIP6 Bluetoothスピーカー 2ウェイ・スピーカー構成/USB C充電/IP67防塵防水/パッシブラジエーター搭載/ポータブル ブルー JBLFLIP6BLU
    JBL FLIP6 Bluetoothスピーカー 2ウェイ・スピーカー構成/USB C充電/IP67防塵防水/パッシブラジエーター搭載/ポータブル ブルー JBLFLIP6BLU
    ■大好評の「JBLボールドデザイン」にリニューアルしたコンパクト設計
    「GO 3」や「CHARGE 5」などのモデルにも採用され好評を博している、新しいデザイン・アイデンティティ「JBL ボールドデザイン」を、本モデルのフロントにもついに採用。大胆にあしらわれたロゴのエッジ部分には、JBLのブランドカラーであるオレンジを配したメタル素材を用いることで、ブランドのカラーを主張しつつ、より洗練された上質感を演出しました。
    また、ボディとロゴのカラートーンを併せた 「TONE on TONE」によって、より全体的に調和のとれた、ファッショナブルなデザインにアップデートしています。
    また、標準的な500mlのペットボトルと同じくらいの太さ、重量で、片手でも持ち運びしやすいコンパクト設計が人気の「FLIP」シリーズの中でも、前モデル「FLIP 5」に比べて、容積を94%程度におさえることにより全体的に小型化を実現。手が小さい方や、お子様でも無理なくお取り扱いが可能で、自転車や自動車のドリンクホルダーへ納めることも可能です。

    ■本格的な2ウェイ・スピーカー構成でシリーズ史上最高音質を実現
    「FLIP」シリーズのために開発された44x80mm径の大きな楕円形のウーファーと低音増強用に搭載されたデュアルパッシブラジエーターに加え、本モデルでは新たに16mm径ツイーターを搭載し、本格的な2ウェイ・スピーカー構成を採用。大口径のウーファーによりダイナミックな低域を再現し、新搭載のツイーターによって明瞭度の高い高音域を再生させることで、前モデルから飛躍的に音質を向上させています。
    前モデルの「FLIP 5」に比べて94%コンパクト設計になった筐体でありながら、本体サイズを超えるパワフルで解像度の高いクリアなJBLサウンドをご堪能いただけます。

    ■屋内外でも安心して使える防水・防塵性能(IP67)に進化
    前モデルまでの防水性能に加え、新たに防塵にも対応したIP67に対応。家の中のお風呂、キッチンなどの水周りでの使用はもちろん、ビーチやキャンプ場などの砂埃などが気になるアウトドアシーンでも心置きなくお使いいただけるようになり、より活用の幅を広げました。
    また、本体背面に搭載された充電端子(USB Type-C)も防水・防塵対応のため、ボディが汚れてもそのまま丸洗いが可能です。

    ■最大約12時間再生のワイヤレス再生
    前モデル同様、4800mAhの大容量バッテリーを搭載し、連続約12時間以上のワイヤレス再生が可能です。自宅や屋内で音楽や動画視聴を楽しめるだけではなく、キャンプなどで長時間外出するときでも、頻繁なバッテリー切れの心配はありません。充電端子にはUSB Type-Cを採用しており、端子形状が対称なため向きを気にせずスムーズに充電を開始できます。

    ■充実のワイヤレス機能「PartyBoost」により複数台同時接続可能
    Bluetoothによって複数台のスピーカー同士を接続できる「PartyBoost」機能を搭載。
    「JBL Portable」アプリでの操作の他、スピーカー本体の「PartyBoost」ボタンを押すだけで、同機能を搭載したスピーカー同士を複数台同時にワイヤレスで接続し、ステレオモードで立体的な音像を楽しめたり、パーティーやスタジオでのダンスレッスンなど、広い会場で迫力のあるサウンドを楽しみたい時に活躍します。
    ソーシャルモードにも対応しており、スマートホンやタブレットなどのデバイスを2台までBluetooth接続で同時にペアリングでき、交互に音楽再生することもできます。接続した2台のデバイスのうち、最後に再生ボタンを押したデバイスの音楽が再生され切り替えも簡単。

    ■ライフスタイルを彩る人気の定番カラー展開
    どんなシーンやインテリアにも馴染むベーシックなカラーから、アクティブなシーンで映えるカラーまで、お好みの1台をお選びいただけます。また、防水防塵対応でありながら、温もりのあるファブリック素材を採用することで、家の中からアウトドアまで幅広いシーンでお使いいただけるデザインにリニューアルしています。
    17,500pt
  • ソニー ヘッドホン MDR-ZX110 : 密閉型 折りたたみ式 ピンク MDR-ZX110 P
    ソニー ヘッドホン MDR-ZX110 : 密閉型 折りたたみ式 ピンク MDR-ZX110 P
    コンパクトに持ち歩けるクイック折りたたみ機構を採用
    迫力の高音質再生を楽しめる
    直径30mmドライバーユニットによる高音質再生。

    本体とカラーを合わせた、からみにくいセレーションコード
    本体カラーとコーディネートしたカラーコードを採用。また、コード表面に細かい溝を設けたセレーションコードなので、からみの原因である摩擦を低減。リスニング時や持ち歩きの際も、コードがからみづらく快適です。

    主な仕様
    ・ヘッドホン部
    ・型式:密閉ダイナミック
    ・ドライバーユニット:30mm ドーム(CCAW)
    ・感度:98dB/mW
    ・再生周波数帯域:12Hz-22,000Hz
    ・インピーダンス:24Ω (1KHz)
    ・最大入力:1000mW
    ・入力プラグ:金メッキ L型 ステレオミニプラグ
    ・コード長:約1.2m
    ・コードタイプ:Y型
    ・質量:約120g
    3,400pt
  • ソニー ヘッドホン MDR-ZX110 : 密閉型 折りたたみ式 ホワイト MDR-ZX110 W
    ソニー ヘッドホン MDR-ZX110 : 密閉型 折りたたみ式 ホワイト MDR-ZX110 W
    コンパクトに持ち歩けるクイック折りたたみ機構を採用
    迫力の高音質再生を楽しめる
    直径30mmドライバーユニットによる高音質再生。

    本体とカラーを合わせた、からみにくいセレーションコード
    本体カラーとコーディネートしたカラーコードを採用。また、コード表面に細かい溝を設けたセレーションコードなので、からみの原因である摩擦を低減。リスニング時や持ち歩きの際も、コードがからみづらく快適です。

    主な仕様
    ・ヘッドホン部
    ・型式:密閉ダイナミック
    ・ドライバーユニット:30mm ドーム(CCAW)
    ・感度:98dB/mW
    ・再生周波数帯域:12Hz-22,000Hz
    ・インピーダンス:24Ω (1KHz)
    ・最大入力:1000mW
    ・入力プラグ:金メッキ L型 ステレオミニプラグ
    ・コード長:約1.2m
    ・コードタイプ:Y型
    ・質量:約120g
    3,200pt
  • ソニー ヘッドホン MDR-ZX110 : 密閉型 折りたたみ式 ブラック MDR-ZX110 B
    ソニー ヘッドホン MDR-ZX110 : 密閉型 折りたたみ式 ブラック MDR-ZX110 B
    コンパクトに持ち歩けるクイック折りたたみ機構を採用
    迫力の高音質再生を楽しめる
    直径30mmドライバーユニットによる高音質再生。

    本体とカラーを合わせた、からみにくいセレーションコード
    本体カラーとコーディネートしたカラーコードを採用。また、コード表面に細かい溝を設けたセレーションコードなので、からみの原因である摩擦を低減。リスニング時や持ち歩きの際も、コードがからみづらく快適です。

    主な仕様
    ・ヘッドホン部
    ・型式:密閉ダイナミック
    ・ドライバーユニット:30mm ドーム(CCAW)
    ・感度:98dB/mW
    ・再生周波数帯域:12Hz-22,000Hz
    ・インピーダンス:24Ω (1KHz)
    ・最大入力:1000mW
    ・入力プラグ:金メッキ L型 ステレオミニプラグ
    ・コード長:約1.2m
    ・コードタイプ:Y型
    ・質量:約120g
    3,700pt
  • [2021年発売]iPad Pro 12.9イン2TB(シルバー)Wi-Fi+Cellularモデル
    [2021年発売]iPad Pro 12.9イン2TB(シルバー)Wi-Fi+Cellularモデル


    CPU

    第三世代の「M1」は第二世代「A12Z」よりかなり高速になっています。

    第二世代の「A12Z」は2018年のiPad Pro(第一世代)の「A12X」がベースになっているため、設計自体も少し前のCPUと言えます。

    対して、第三世代の「M1」は最新のMacbook ProやiMacなどのパソコンにも搭載されているものです。

    単純な比較は難しいのですが、スコア化(Antutu)すると、第二世代は70万点台ですが、第三世代は100万点台と、3割も異なることがわかっています。


    メモリ

    このメモリという記憶領域も大きい方がよりストレスなく使えるようになります。

    第二世代では最大6GBでしたが、第三世代の最大は16GBと大幅に向上していることがわかります。

    一世代変わるだけで、ここまで処理能力が向上する電子機器も珍しいものです。第三世代の処理性能は圧倒的です。


    容量

    最大容量が1TBから2TBに増えています。ちなみに1TBというのは1,000ギガのことです。

    もちろん、最大容量モデルを買うことはあまりないかもしれませんが、容量のコスパは年々高くなっていますね。


    フロントカメラ

    フロントカメラとは、iPadの画面の上にあるFacetimeやZoomなどのビデオ会議で使うカメラです。

    このフロントカメラの画質が、コロナ禍に合わせてが飛躍的向上しました。(7MPから12MPの超広角)

    また、「センターフレーム」機能という自動追従機能があり、人がカメラの中心に収まるように調整する機能がついています。また人の動きに合わせて拡大・縮小するという点も、今の時期、ありがたい機能かもしれませんね。


    接続コネクタ

    第三世代では、充電ケーブルを接続する端子部分が「Thunderbolt3 / USB4」というものに対応しています。

    第二世代と形状は変わりませんが、データの転送速度が早くなり、外部ストレージに高速にアクセスできるようになります。また、外部ディスプレイをなんと6Kフルの解像度で利用できるようにあります。

    ちなみに、充電も20W充電に対応しているので、より早く充電できるようになりました。


    ネットワーク

    インターネット接続の速さもかなり変わります。Cellurar版(外でも通信できるモデル)の第三世代では、「5G」へ対応します。「5G」の転送速度は「4G」の速度のおおよそ20倍で通信できるとされています。

    ただし、5Gエリアは限定的ですので、どこでも速度向上を望めるわけではありません。それでも、今後の投資になるに違いありません。


    写真 / ビデオ

    HDRが向上しています。HDRに対応していると、夜の街など明暗差が大きくても色の階調が豊かに再現できます。


    写真

    第三世代では「スマートHDR 3」に対応しています。元々第二世代でも「スマートHDR」に対応していましたが、逆光などの厳しい条件下でも、美しい撮影ができるようです。


    ビデオ

    ビデオ撮影にでも、HDRに対応します。(30fps限定)


    主な違いは、処理性能・フロントカメラ・ネットワーク

    第三世代は処理性能とネットワークが飛躍的に強化されています。また、フロントカメラがコロナ禍で大変役立つでしょう。



    447,680pt
  • [2021年発売]iPad Pro 12.9イン1TB(シルバー)Wi-Fi+Cellularモデル
    [2021年発売]iPad Pro 12.9イン1TB(シルバー)Wi-Fi+Cellularモデル


    CPU

    第三世代の「M1」は第二世代「A12Z」よりかなり高速になっています。

    第二世代の「A12Z」は2018年のiPad Pro(第一世代)の「A12X」がベースになっているため、設計自体も少し前のCPUと言えます。

    対して、第三世代の「M1」は最新のMacbook ProやiMacなどのパソコンにも搭載されているものです。

    単純な比較は難しいのですが、スコア化(Antutu)すると、第二世代は70万点台ですが、第三世代は100万点台と、3割も異なることがわかっています。


    メモリ

    このメモリという記憶領域も大きい方がよりストレスなく使えるようになります。

    第二世代では最大6GBでしたが、第三世代の最大は16GBと大幅に向上していることがわかります。

    一世代変わるだけで、ここまで処理能力が向上する電子機器も珍しいものです。第三世代の処理性能は圧倒的です。


    容量

    最大容量が1TBから2TBに増えています。ちなみに1TBというのは1,000ギガのことです。

    もちろん、最大容量モデルを買うことはあまりないかもしれませんが、容量のコスパは年々高くなっていますね。


    フロントカメラ

    フロントカメラとは、iPadの画面の上にあるFacetimeやZoomなどのビデオ会議で使うカメラです。

    このフロントカメラの画質が、コロナ禍に合わせてが飛躍的向上しました。(7MPから12MPの超広角)

    また、「センターフレーム」機能という自動追従機能があり、人がカメラの中心に収まるように調整する機能がついています。また人の動きに合わせて拡大・縮小するという点も、今の時期、ありがたい機能かもしれませんね。


    接続コネクタ

    第三世代では、充電ケーブルを接続する端子部分が「Thunderbolt3 / USB4」というものに対応しています。

    第二世代と形状は変わりませんが、データの転送速度が早くなり、外部ストレージに高速にアクセスできるようになります。また、外部ディスプレイをなんと6Kフルの解像度で利用できるようにあります。

    ちなみに、充電も20W充電に対応しているので、より早く充電できるようになりました。


    ネットワーク

    インターネット接続の速さもかなり変わります。Cellurar版(外でも通信できるモデル)の第三世代では、「5G」へ対応します。「5G」の転送速度は「4G」の速度のおおよそ20倍で通信できるとされています。

    ただし、5Gエリアは限定的ですので、どこでも速度向上を望めるわけではありません。それでも、今後の投資になるに違いありません。


    写真 / ビデオ

    HDRが向上しています。HDRに対応していると、夜の街など明暗差が大きくても色の階調が豊かに再現できます。


    写真

    第三世代では「スマートHDR 3」に対応しています。元々第二世代でも「スマートHDR」に対応していましたが、逆光などの厳しい条件下でも、美しい撮影ができるようです。


    ビデオ

    ビデオ撮影にでも、HDRに対応します。(30fps限定)


    主な違いは、処理性能・フロントカメラ・ネットワーク

    第三世代は処理性能とネットワークが飛躍的に強化されています。また、フロントカメラがコロナ禍で大変役立つでしょう。



    370,880pt
  • [2021年発売]iPad Pro 12.9イン512GB(シルバー)Wi-Fi+Cellularモデル
    [2021年発売]iPad Pro 12.9イン512GB(シルバー)Wi-Fi+Cellularモデル


    CPU

    第三世代の「M1」は第二世代「A12Z」よりかなり高速になっています。

    第二世代の「A12Z」は2018年のiPad Pro(第一世代)の「A12X」がベースになっているため、設計自体も少し前のCPUと言えます。

    対して、第三世代の「M1」は最新のMacbook ProやiMacなどのパソコンにも搭載されているものです。

    単純な比較は難しいのですが、スコア化(Antutu)すると、第二世代は70万点台ですが、第三世代は100万点台と、3割も異なることがわかっています。


    メモリ

    このメモリという記憶領域も大きい方がよりストレスなく使えるようになります。

    第二世代では最大6GBでしたが、第三世代の最大は16GBと大幅に向上していることがわかります。

    一世代変わるだけで、ここまで処理能力が向上する電子機器も珍しいものです。第三世代の処理性能は圧倒的です。


    容量

    最大容量が1TBから2TBに増えています。ちなみに1TBというのは1,000ギガのことです。

    もちろん、最大容量モデルを買うことはあまりないかもしれませんが、容量のコスパは年々高くなっていますね。


    フロントカメラ

    フロントカメラとは、iPadの画面の上にあるFacetimeやZoomなどのビデオ会議で使うカメラです。

    このフロントカメラの画質が、コロナ禍に合わせてが飛躍的向上しました。(7MPから12MPの超広角)

    また、「センターフレーム」機能という自動追従機能があり、人がカメラの中心に収まるように調整する機能がついています。また人の動きに合わせて拡大・縮小するという点も、今の時期、ありがたい機能かもしれませんね。


    接続コネクタ

    第三世代では、充電ケーブルを接続する端子部分が「Thunderbolt3 / USB4」というものに対応しています。

    第二世代と形状は変わりませんが、データの転送速度が早くなり、外部ストレージに高速にアクセスできるようになります。また、外部ディスプレイをなんと6Kフルの解像度で利用できるようにあります。

    ちなみに、充電も20W充電に対応しているので、より早く充電できるようになりました。


    ネットワーク

    インターネット接続の速さもかなり変わります。Cellurar版(外でも通信できるモデル)の第三世代では、「5G」へ対応します。「5G」の転送速度は「4G」の速度のおおよそ20倍で通信できるとされています。

    ただし、5Gエリアは限定的ですので、どこでも速度向上を望めるわけではありません。それでも、今後の投資になるに違いありません。


    写真 / ビデオ

    HDRが向上しています。HDRに対応していると、夜の街など明暗差が大きくても色の階調が豊かに再現できます。


    写真

    第三世代では「スマートHDR 3」に対応しています。元々第二世代でも「スマートHDR」に対応していましたが、逆光などの厳しい条件下でも、美しい撮影ができるようです。


    ビデオ

    ビデオ撮影にでも、HDRに対応します。(30fps限定)


    主な違いは、処理性能・フロントカメラ・ネットワーク

    第三世代は処理性能とネットワークが飛躍的に強化されています。また、フロントカメラがコロナ禍で大変役立つでしょう。



    294,080pt
  • [2021年発売]iPad Pro 12.9イン256GB(シルバー)Wi-Fi+Cellularモデル
    [2021年発売]iPad Pro 12.9イン256GB(シルバー)Wi-Fi+Cellularモデル


    CPU

    第三世代の「M1」は第二世代「A12Z」よりかなり高速になっています。

    第二世代の「A12Z」は2018年のiPad Pro(第一世代)の「A12X」がベースになっているため、設計自体も少し前のCPUと言えます。

    対して、第三世代の「M1」は最新のMacbook ProやiMacなどのパソコンにも搭載されているものです。

    単純な比較は難しいのですが、スコア化(Antutu)すると、第二世代は70万点台ですが、第三世代は100万点台と、3割も異なることがわかっています。


    メモリ

    このメモリという記憶領域も大きい方がよりストレスなく使えるようになります。

    第二世代では最大6GBでしたが、第三世代の最大は16GBと大幅に向上していることがわかります。

    一世代変わるだけで、ここまで処理能力が向上する電子機器も珍しいものです。第三世代の処理性能は圧倒的です。


    容量

    最大容量が1TBから2TBに増えています。ちなみに1TBというのは1,000ギガのことです。

    もちろん、最大容量モデルを買うことはあまりないかもしれませんが、容量のコスパは年々高くなっていますね。


    フロントカメラ

    フロントカメラとは、iPadの画面の上にあるFacetimeやZoomなどのビデオ会議で使うカメラです。

    このフロントカメラの画質が、コロナ禍に合わせてが飛躍的向上しました。(7MPから12MPの超広角)

    また、「センターフレーム」機能という自動追従機能があり、人がカメラの中心に収まるように調整する機能がついています。また人の動きに合わせて拡大・縮小するという点も、今の時期、ありがたい機能かもしれませんね。


    接続コネクタ

    第三世代では、充電ケーブルを接続する端子部分が「Thunderbolt3 / USB4」というものに対応しています。

    第二世代と形状は変わりませんが、データの転送速度が早くなり、外部ストレージに高速にアクセスできるようになります。また、外部ディスプレイをなんと6Kフルの解像度で利用できるようにあります。

    ちなみに、充電も20W充電に対応しているので、より早く充電できるようになりました。


    ネットワーク

    インターネット接続の速さもかなり変わります。Cellurar版(外でも通信できるモデル)の第三世代では、「5G」へ対応します。「5G」の転送速度は「4G」の速度のおおよそ20倍で通信できるとされています。

    ただし、5Gエリアは限定的ですので、どこでも速度向上を望めるわけではありません。それでも、今後の投資になるに違いありません。


    写真 / ビデオ

    HDRが向上しています。HDRに対応していると、夜の街など明暗差が大きくても色の階調が豊かに再現できます。


    写真

    第三世代では「スマートHDR 3」に対応しています。元々第二世代でも「スマートHDR」に対応していましたが、逆光などの厳しい条件下でも、美しい撮影ができるようです。


    ビデオ

    ビデオ撮影にでも、HDRに対応します。(30fps限定)


    主な違いは、処理性能・フロントカメラ・ネットワーク

    第三世代は処理性能とネットワークが飛躍的に強化されています。また、フロントカメラがコロナ禍で大変役立つでしょう。



    255,680pt
  • [2021年発売]iPad Pro 12.9イン128GB(シルバー)Wi-Fi+Cellularモデル
    [2021年発売]iPad Pro 12.9イン128GB(シルバー)Wi-Fi+Cellularモデル


    CPU

    第三世代の「M1」は第二世代「A12Z」よりかなり高速になっています。

    第二世代の「A12Z」は2018年のiPad Pro(第一世代)の「A12X」がベースになっているため、設計自体も少し前のCPUと言えます。

    対して、第三世代の「M1」は最新のMacbook ProやiMacなどのパソコンにも搭載されているものです。

    単純な比較は難しいのですが、スコア化(Antutu)すると、第二世代は70万点台ですが、第三世代は100万点台と、3割も異なることがわかっています。


    メモリ

    このメモリという記憶領域も大きい方がよりストレスなく使えるようになります。

    第二世代では最大6GBでしたが、第三世代の最大は16GBと大幅に向上していることがわかります。

    一世代変わるだけで、ここまで処理能力が向上する電子機器も珍しいものです。第三世代の処理性能は圧倒的です。


    容量

    最大容量が1TBから2TBに増えています。ちなみに1TBというのは1,000ギガのことです。

    もちろん、最大容量モデルを買うことはあまりないかもしれませんが、容量のコスパは年々高くなっていますね。


    フロントカメラ

    フロントカメラとは、iPadの画面の上にあるFacetimeやZoomなどのビデオ会議で使うカメラです。

    このフロントカメラの画質が、コロナ禍に合わせてが飛躍的向上しました。(7MPから12MPの超広角)

    また、「センターフレーム」機能という自動追従機能があり、人がカメラの中心に収まるように調整する機能がついています。また人の動きに合わせて拡大・縮小するという点も、今の時期、ありがたい機能かもしれませんね。


    接続コネクタ

    第三世代では、充電ケーブルを接続する端子部分が「Thunderbolt3 / USB4」というものに対応しています。

    第二世代と形状は変わりませんが、データの転送速度が早くなり、外部ストレージに高速にアクセスできるようになります。また、外部ディスプレイをなんと6Kフルの解像度で利用できるようにあります。

    ちなみに、充電も20W充電に対応しているので、より早く充電できるようになりました。


    ネットワーク

    インターネット接続の速さもかなり変わります。Cellurar版(外でも通信できるモデル)の第三世代では、「5G」へ対応します。「5G」の転送速度は「4G」の速度のおおよそ20倍で通信できるとされています。

    ただし、5Gエリアは限定的ですので、どこでも速度向上を望めるわけではありません。それでも、今後の投資になるに違いありません。


    写真 / ビデオ

    HDRが向上しています。HDRに対応していると、夜の街など明暗差が大きくても色の階調が豊かに再現できます。


    写真

    第三世代では「スマートHDR 3」に対応しています。元々第二世代でも「スマートHDR」に対応していましたが、逆光などの厳しい条件下でも、美しい撮影ができるようです。


    ビデオ

    ビデオ撮影にでも、HDRに対応します。(30fps限定)


    主な違いは、処理性能・フロントカメラ・ネットワーク

    第三世代は処理性能とネットワークが飛躍的に強化されています。また、フロントカメラがコロナ禍で大変役立つでしょう。



    236,480pt
  • [2021年発売]iPad Pro 12.9イン128GB(スペースグレイ)Wi-Fi+Cellularモデル
    [2021年発売]iPad Pro 12.9イン128GB(スペースグレイ)Wi-Fi+Cellularモデル


    CPU

    第三世代の「M1」は第二世代「A12Z」よりかなり高速になっています。

    第二世代の「A12Z」は2018年のiPad Pro(第一世代)の「A12X」がベースになっているため、設計自体も少し前のCPUと言えます。

    対して、第三世代の「M1」は最新のMacbook ProやiMacなどのパソコンにも搭載されているものです。

    単純な比較は難しいのですが、スコア化(Antutu)すると、第二世代は70万点台ですが、第三世代は100万点台と、3割も異なることがわかっています。


    メモリ

    このメモリという記憶領域も大きい方がよりストレスなく使えるようになります。

    第二世代では最大6GBでしたが、第三世代の最大は16GBと大幅に向上していることがわかります。

    一世代変わるだけで、ここまで処理能力が向上する電子機器も珍しいものです。第三世代の処理性能は圧倒的です。


    容量

    最大容量が1TBから2TBに増えています。ちなみに1TBというのは1,000ギガのことです。

    もちろん、最大容量モデルを買うことはあまりないかもしれませんが、容量のコスパは年々高くなっていますね。


    フロントカメラ

    フロントカメラとは、iPadの画面の上にあるFacetimeやZoomなどのビデオ会議で使うカメラです。

    このフロントカメラの画質が、コロナ禍に合わせてが飛躍的向上しました。(7MPから12MPの超広角)

    また、「センターフレーム」機能という自動追従機能があり、人がカメラの中心に収まるように調整する機能がついています。また人の動きに合わせて拡大・縮小するという点も、今の時期、ありがたい機能かもしれませんね。


    接続コネクタ

    第三世代では、充電ケーブルを接続する端子部分が「Thunderbolt3 / USB4」というものに対応しています。

    第二世代と形状は変わりませんが、データの転送速度が早くなり、外部ストレージに高速にアクセスできるようになります。また、外部ディスプレイをなんと6Kフルの解像度で利用できるようにあります。

    ちなみに、充電も20W充電に対応しているので、より早く充電できるようになりました。


    ネットワーク

    インターネット接続の速さもかなり変わります。Cellurar版(外でも通信できるモデル)の第三世代では、「5G」へ対応します。「5G」の転送速度は「4G」の速度のおおよそ20倍で通信できるとされています。

    ただし、5Gエリアは限定的ですので、どこでも速度向上を望めるわけではありません。それでも、今後の投資になるに違いありません。


    写真 / ビデオ

    HDRが向上しています。HDRに対応していると、夜の街など明暗差が大きくても色の階調が豊かに再現できます。


    写真

    第三世代では「スマートHDR 3」に対応しています。元々第二世代でも「スマートHDR」に対応していましたが、逆光などの厳しい条件下でも、美しい撮影ができるようです。


    ビデオ

    ビデオ撮影にでも、HDRに対応します。(30fps限定)


    主な違いは、処理性能・フロントカメラ・ネットワーク

    第三世代は処理性能とネットワークが飛躍的に強化されています。また、フロントカメラがコロナ禍で大変役立つでしょう。



    236,480pt
  • [2021年発売]iPad Pro 12.9イン256GB(スペースグレイ)Wi-Fi+Cellularモデル
    [2021年発売]iPad Pro 12.9イン256GB(スペースグレイ)Wi-Fi+Cellularモデル


    CPU

    第三世代の「M1」は第二世代「A12Z」よりかなり高速になっています。

    第二世代の「A12Z」は2018年のiPad Pro(第一世代)の「A12X」がベースになっているため、設計自体も少し前のCPUと言えます。

    対して、第三世代の「M1」は最新のMacbook ProやiMacなどのパソコンにも搭載されているものです。

    単純な比較は難しいのですが、スコア化(Antutu)すると、第二世代は70万点台ですが、第三世代は100万点台と、3割も異なることがわかっています。


    メモリ

    このメモリという記憶領域も大きい方がよりストレスなく使えるようになります。

    第二世代では最大6GBでしたが、第三世代の最大は16GBと大幅に向上していることがわかります。

    一世代変わるだけで、ここまで処理能力が向上する電子機器も珍しいものです。第三世代の処理性能は圧倒的です。


    容量

    最大容量が1TBから2TBに増えています。ちなみに1TBというのは1,000ギガのことです。

    もちろん、最大容量モデルを買うことはあまりないかもしれませんが、容量のコスパは年々高くなっていますね。


    フロントカメラ

    フロントカメラとは、iPadの画面の上にあるFacetimeやZoomなどのビデオ会議で使うカメラです。

    このフロントカメラの画質が、コロナ禍に合わせてが飛躍的向上しました。(7MPから12MPの超広角)

    また、「センターフレーム」機能という自動追従機能があり、人がカメラの中心に収まるように調整する機能がついています。また人の動きに合わせて拡大・縮小するという点も、今の時期、ありがたい機能かもしれませんね。


    接続コネクタ

    第三世代では、充電ケーブルを接続する端子部分が「Thunderbolt3 / USB4」というものに対応しています。

    第二世代と形状は変わりませんが、データの転送速度が早くなり、外部ストレージに高速にアクセスできるようになります。また、外部ディスプレイをなんと6Kフルの解像度で利用できるようにあります。

    ちなみに、充電も20W充電に対応しているので、より早く充電できるようになりました。


    ネットワーク

    インターネット接続の速さもかなり変わります。Cellurar版(外でも通信できるモデル)の第三世代では、「5G」へ対応します。「5G」の転送速度は「4G」の速度のおおよそ20倍で通信できるとされています。

    ただし、5Gエリアは限定的ですので、どこでも速度向上を望めるわけではありません。それでも、今後の投資になるに違いありません。


    写真 / ビデオ

    HDRが向上しています。HDRに対応していると、夜の街など明暗差が大きくても色の階調が豊かに再現できます。


    写真

    第三世代では「スマートHDR 3」に対応しています。元々第二世代でも「スマートHDR」に対応していましたが、逆光などの厳しい条件下でも、美しい撮影ができるようです。


    ビデオ

    ビデオ撮影にでも、HDRに対応します。(30fps限定)


    主な違いは、処理性能・フロントカメラ・ネットワーク

    第三世代は処理性能とネットワークが飛躍的に強化されています。また、フロントカメラがコロナ禍で大変役立つでしょう。



    255,680pt
  • [2021年発売]iPad Pro 12.9イン512GB(スペースグレイ)Wi-Fi+Cellularモデル
    [2021年発売]iPad Pro 12.9イン512GB(スペースグレイ)Wi-Fi+Cellularモデル


    CPU

    第三世代の「M1」は第二世代「A12Z」よりかなり高速になっています。

    第二世代の「A12Z」は2018年のiPad Pro(第一世代)の「A12X」がベースになっているため、設計自体も少し前のCPUと言えます。

    対して、第三世代の「M1」は最新のMacbook ProやiMacなどのパソコンにも搭載されているものです。

    単純な比較は難しいのですが、スコア化(Antutu)すると、第二世代は70万点台ですが、第三世代は100万点台と、3割も異なることがわかっています。


    メモリ

    このメモリという記憶領域も大きい方がよりストレスなく使えるようになります。

    第二世代では最大6GBでしたが、第三世代の最大は16GBと大幅に向上していることがわかります。

    一世代変わるだけで、ここまで処理能力が向上する電子機器も珍しいものです。第三世代の処理性能は圧倒的です。


    容量

    最大容量が1TBから2TBに増えています。ちなみに1TBというのは1,000ギガのことです。

    もちろん、最大容量モデルを買うことはあまりないかもしれませんが、容量のコスパは年々高くなっていますね。


    フロントカメラ

    フロントカメラとは、iPadの画面の上にあるFacetimeやZoomなどのビデオ会議で使うカメラです。

    このフロントカメラの画質が、コロナ禍に合わせてが飛躍的向上しました。(7MPから12MPの超広角)

    また、「センターフレーム」機能という自動追従機能があり、人がカメラの中心に収まるように調整する機能がついています。また人の動きに合わせて拡大・縮小するという点も、今の時期、ありがたい機能かもしれませんね。


    接続コネクタ

    第三世代では、充電ケーブルを接続する端子部分が「Thunderbolt3 / USB4」というものに対応しています。

    第二世代と形状は変わりませんが、データの転送速度が早くなり、外部ストレージに高速にアクセスできるようになります。また、外部ディスプレイをなんと6Kフルの解像度で利用できるようにあります。

    ちなみに、充電も20W充電に対応しているので、より早く充電できるようになりました。


    ネットワーク

    インターネット接続の速さもかなり変わります。Cellurar版(外でも通信できるモデル)の第三世代では、「5G」へ対応します。「5G」の転送速度は「4G」の速度のおおよそ20倍で通信できるとされています。

    ただし、5Gエリアは限定的ですので、どこでも速度向上を望めるわけではありません。それでも、今後の投資になるに違いありません。


    写真 / ビデオ

    HDRが向上しています。HDRに対応していると、夜の街など明暗差が大きくても色の階調が豊かに再現できます。


    写真

    第三世代では「スマートHDR 3」に対応しています。元々第二世代でも「スマートHDR」に対応していましたが、逆光などの厳しい条件下でも、美しい撮影ができるようです。


    ビデオ

    ビデオ撮影にでも、HDRに対応します。(30fps限定)


    主な違いは、処理性能・フロントカメラ・ネットワーク

    第三世代は処理性能とネットワークが飛躍的に強化されています。また、フロントカメラがコロナ禍で大変役立つでしょう。



    294,080pt
  • [2021年発売]iPad Pro 12.9イン1TB(スペースグレイ)Wi-Fi+Cellularモデル
    [2021年発売]iPad Pro 12.9イン1TB(スペースグレイ)Wi-Fi+Cellularモデル


    CPU

    第三世代の「M1」は第二世代「A12Z」よりかなり高速になっています。

    第二世代の「A12Z」は2018年のiPad Pro(第一世代)の「A12X」がベースになっているため、設計自体も少し前のCPUと言えます。

    対して、第三世代の「M1」は最新のMacbook ProやiMacなどのパソコンにも搭載されているものです。

    単純な比較は難しいのですが、スコア化(Antutu)すると、第二世代は70万点台ですが、第三世代は100万点台と、3割も異なることがわかっています。


    メモリ

    このメモリという記憶領域も大きい方がよりストレスなく使えるようになります。

    第二世代では最大6GBでしたが、第三世代の最大は16GBと大幅に向上していることがわかります。

    一世代変わるだけで、ここまで処理能力が向上する電子機器も珍しいものです。第三世代の処理性能は圧倒的です。


    容量

    最大容量が1TBから2TBに増えています。ちなみに1TBというのは1,000ギガのことです。

    もちろん、最大容量モデルを買うことはあまりないかもしれませんが、容量のコスパは年々高くなっていますね。


    フロントカメラ

    フロントカメラとは、iPadの画面の上にあるFacetimeやZoomなどのビデオ会議で使うカメラです。

    このフロントカメラの画質が、コロナ禍に合わせてが飛躍的向上しました。(7MPから12MPの超広角)

    また、「センターフレーム」機能という自動追従機能があり、人がカメラの中心に収まるように調整する機能がついています。また人の動きに合わせて拡大・縮小するという点も、今の時期、ありがたい機能かもしれませんね。


    接続コネクタ

    第三世代では、充電ケーブルを接続する端子部分が「Thunderbolt3 / USB4」というものに対応しています。

    第二世代と形状は変わりませんが、データの転送速度が早くなり、外部ストレージに高速にアクセスできるようになります。また、外部ディスプレイをなんと6Kフルの解像度で利用できるようにあります。

    ちなみに、充電も20W充電に対応しているので、より早く充電できるようになりました。


    ネットワーク

    インターネット接続の速さもかなり変わります。Cellurar版(外でも通信できるモデル)の第三世代では、「5G」へ対応します。「5G」の転送速度は「4G」の速度のおおよそ20倍で通信できるとされています。

    ただし、5Gエリアは限定的ですので、どこでも速度向上を望めるわけではありません。それでも、今後の投資になるに違いありません。


    写真 / ビデオ

    HDRが向上しています。HDRに対応していると、夜の街など明暗差が大きくても色の階調が豊かに再現できます。


    写真

    第三世代では「スマートHDR 3」に対応しています。元々第二世代でも「スマートHDR」に対応していましたが、逆光などの厳しい条件下でも、美しい撮影ができるようです。


    ビデオ

    ビデオ撮影にでも、HDRに対応します。(30fps限定)


    主な違いは、処理性能・フロントカメラ・ネットワーク

    第三世代は処理性能とネットワークが飛躍的に強化されています。また、フロントカメラがコロナ禍で大変役立つでしょう。



    370,880pt
  • [2021年発売]iPad Pro 12.9イン2TB(スペースグレイ)Wi-Fi+Cellularモデル
    [2021年発売]iPad Pro 12.9イン2TB(スペースグレイ)Wi-Fi+Cellularモデル


    CPU

    第三世代の「M1」は第二世代「A12Z」よりかなり高速になっています。

    第二世代の「A12Z」は2018年のiPad Pro(第一世代)の「A12X」がベースになっているため、設計自体も少し前のCPUと言えます。

    対して、第三世代の「M1」は最新のMacbook ProやiMacなどのパソコンにも搭載されているものです。

    単純な比較は難しいのですが、スコア化(Antutu)すると、第二世代は70万点台ですが、第三世代は100万点台と、3割も異なることがわかっています。


    メモリ

    このメモリという記憶領域も大きい方がよりストレスなく使えるようになります。

    第二世代では最大6GBでしたが、第三世代の最大は16GBと大幅に向上していることがわかります。

    一世代変わるだけで、ここまで処理能力が向上する電子機器も珍しいものです。第三世代の処理性能は圧倒的です。


    容量

    最大容量が1TBから2TBに増えています。ちなみに1TBというのは1,000ギガのことです。

    もちろん、最大容量モデルを買うことはあまりないかもしれませんが、容量のコスパは年々高くなっていますね。


    フロントカメラ

    フロントカメラとは、iPadの画面の上にあるFacetimeやZoomなどのビデオ会議で使うカメラです。

    このフロントカメラの画質が、コロナ禍に合わせてが飛躍的向上しました。(7MPから12MPの超広角)

    また、「センターフレーム」機能という自動追従機能があり、人がカメラの中心に収まるように調整する機能がついています。また人の動きに合わせて拡大・縮小するという点も、今の時期、ありがたい機能かもしれませんね。


    接続コネクタ

    第三世代では、充電ケーブルを接続する端子部分が「Thunderbolt3 / USB4」というものに対応しています。

    第二世代と形状は変わりませんが、データの転送速度が早くなり、外部ストレージに高速にアクセスできるようになります。また、外部ディスプレイをなんと6Kフルの解像度で利用できるようにあります。

    ちなみに、充電も20W充電に対応しているので、より早く充電できるようになりました。


    ネットワーク

    インターネット接続の速さもかなり変わります。Cellurar版(外でも通信できるモデル)の第三世代では、「5G」へ対応します。「5G」の転送速度は「4G」の速度のおおよそ20倍で通信できるとされています。

    ただし、5Gエリアは限定的ですので、どこでも速度向上を望めるわけではありません。それでも、今後の投資になるに違いありません。


    写真 / ビデオ

    HDRが向上しています。HDRに対応していると、夜の街など明暗差が大きくても色の階調が豊かに再現できます。


    写真

    第三世代では「スマートHDR 3」に対応しています。元々第二世代でも「スマートHDR」に対応していましたが、逆光などの厳しい条件下でも、美しい撮影ができるようです。


    ビデオ

    ビデオ撮影にでも、HDRに対応します。(30fps限定)


    主な違いは、処理性能・フロントカメラ・ネットワーク

    第三世代は処理性能とネットワークが飛躍的に強化されています。また、フロントカメラがコロナ禍で大変役立つでしょう。



    447,680pt
  • [2021年発売]iPad Pro 12.9イン2TB(スペースグレイ)Wi-Fiモデル
    [2021年発売]iPad Pro 12.9イン2TB(スペースグレイ)Wi-Fiモデル


    CPU

    第三世代の「M1」は第二世代「A12Z」よりかなり高速になっています。

    第二世代の「A12Z」は2018年のiPad Pro(第一世代)の「A12X」がベースになっているため、設計自体も少し前のCPUと言えます。

    対して、第三世代の「M1」は最新のMacbook ProやiMacなどのパソコンにも搭載されているものです。

    単純な比較は難しいのですが、スコア化(Antutu)すると、第二世代は70万点台ですが、第三世代は100万点台と、3割も異なることがわかっています。


    メモリ

    このメモリという記憶領域も大きい方がよりストレスなく使えるようになります。

    第二世代では最大6GBでしたが、第三世代の最大は16GBと大幅に向上していることがわかります。

    一世代変わるだけで、ここまで処理能力が向上する電子機器も珍しいものです。第三世代の処理性能は圧倒的です。


    容量

    最大容量が1TBから2TBに増えています。ちなみに1TBというのは1,000ギガのことです。

    もちろん、最大容量モデルを買うことはあまりないかもしれませんが、容量のコスパは年々高くなっていますね。


    フロントカメラ

    フロントカメラとは、iPadの画面の上にあるFacetimeやZoomなどのビデオ会議で使うカメラです。

    このフロントカメラの画質が、コロナ禍に合わせてが飛躍的向上しました。(7MPから12MPの超広角)

    また、「センターフレーム」機能という自動追従機能があり、人がカメラの中心に収まるように調整する機能がついています。また人の動きに合わせて拡大・縮小するという点も、今の時期、ありがたい機能かもしれませんね。


    接続コネクタ

    第三世代では、充電ケーブルを接続する端子部分が「Thunderbolt3 / USB4」というものに対応しています。

    第二世代と形状は変わりませんが、データの転送速度が早くなり、外部ストレージに高速にアクセスできるようになります。また、外部ディスプレイをなんと6Kフルの解像度で利用できるようにあります。

    ちなみに、充電も20W充電に対応しているので、より早く充電できるようになりました。


    ネットワーク

    インターネット接続の速さもかなり変わります。Cellurar版(外でも通信できるモデル)の第三世代では、「5G」へ対応します。「5G」の転送速度は「4G」の速度のおおよそ20倍で通信できるとされています。

    ただし、5Gエリアは限定的ですので、どこでも速度向上を望めるわけではありません。それでも、今後の投資になるに違いありません。


    写真 / ビデオ

    HDRが向上しています。HDRに対応していると、夜の街など明暗差が大きくても色の階調が豊かに再現できます。


    写真

    第三世代では「スマートHDR 3」に対応しています。元々第二世代でも「スマートHDR」に対応していましたが、逆光などの厳しい条件下でも、美しい撮影ができるようです。


    ビデオ

    ビデオ撮影にでも、HDRに対応します。(30fps限定)


    主な違いは、処理性能・フロントカメラ・ネットワーク

    第三世代は処理性能とネットワークが飛躍的に強化されています。また、フロントカメラがコロナ禍で大変役立つでしょう。



    418,880pt
  • [2021年発売]iPad Pro 12.9インITB(スペースグレイ)Wi-Fiモデル
    [2021年発売]iPad Pro 12.9インITB(スペースグレイ)Wi-Fiモデル


    CPU

    第三世代の「M1」は第二世代「A12Z」よりかなり高速になっています。

    第二世代の「A12Z」は2018年のiPad Pro(第一世代)の「A12X」がベースになっているため、設計自体も少し前のCPUと言えます。

    対して、第三世代の「M1」は最新のMacbook ProやiMacなどのパソコンにも搭載されているものです。

    単純な比較は難しいのですが、スコア化(Antutu)すると、第二世代は70万点台ですが、第三世代は100万点台と、3割も異なることがわかっています。


    メモリ

    このメモリという記憶領域も大きい方がよりストレスなく使えるようになります。

    第二世代では最大6GBでしたが、第三世代の最大は16GBと大幅に向上していることがわかります。

    一世代変わるだけで、ここまで処理能力が向上する電子機器も珍しいものです。第三世代の処理性能は圧倒的です。


    容量

    最大容量が1TBから2TBに増えています。ちなみに1TBというのは1,000ギガのことです。

    もちろん、最大容量モデルを買うことはあまりないかもしれませんが、容量のコスパは年々高くなっていますね。


    フロントカメラ

    フロントカメラとは、iPadの画面の上にあるFacetimeやZoomなどのビデオ会議で使うカメラです。

    このフロントカメラの画質が、コロナ禍に合わせてが飛躍的向上しました。(7MPから12MPの超広角)

    また、「センターフレーム」機能という自動追従機能があり、人がカメラの中心に収まるように調整する機能がついています。また人の動きに合わせて拡大・縮小するという点も、今の時期、ありがたい機能かもしれませんね。


    接続コネクタ

    第三世代では、充電ケーブルを接続する端子部分が「Thunderbolt3 / USB4」というものに対応しています。

    第二世代と形状は変わりませんが、データの転送速度が早くなり、外部ストレージに高速にアクセスできるようになります。また、外部ディスプレイをなんと6Kフルの解像度で利用できるようにあります。

    ちなみに、充電も20W充電に対応しているので、より早く充電できるようになりました。


    ネットワーク

    インターネット接続の速さもかなり変わります。Cellurar版(外でも通信できるモデル)の第三世代では、「5G」へ対応します。「5G」の転送速度は「4G」の速度のおおよそ20倍で通信できるとされています。

    ただし、5Gエリアは限定的ですので、どこでも速度向上を望めるわけではありません。それでも、今後の投資になるに違いありません。


    写真 / ビデオ

    HDRが向上しています。HDRに対応していると、夜の街など明暗差が大きくても色の階調が豊かに再現できます。


    写真

    第三世代では「スマートHDR 3」に対応しています。元々第二世代でも「スマートHDR」に対応していましたが、逆光などの厳しい条件下でも、美しい撮影ができるようです。


    ビデオ

    ビデオ撮影にでも、HDRに対応します。(30fps限定)


    主な違いは、処理性能・フロントカメラ・ネットワーク

    第三世代は処理性能とネットワークが飛躍的に強化されています。また、フロントカメラがコロナ禍で大変役立つでしょう。



    342,080pt

お店情報

お支払い方法

FC2ポイント


【申し込みの有効期限】

原則、受注確認(受注確認の為の自動送信メール発信)後、5日間とします。

※注文のみ頂いた状態で未決済の場合、万が一、後から別のご注文者様が決済まで完了された場合は先に決済まで頂いたお客様が優先となりますのでご了承下さいませ。

商品引渡し時期など

【引き渡し時期】

ポイント決済後2~4日で納品。
※一部地域、品薄商品の場合は、配送が遅れる場合がありますのでご了承ください。

送料について

配送料全国一律梱包送料込1500pt(離島を除く)
30000pt以上購入の場合送料無料。

返品について

【不良品】

商品到着日から7日間以内に生じました初期不良に付きましては交換もしくは修理にて対応をいたします。


【返品期限】

原則商品の返品・交換は受付ないものとします。
ただし、商品が不良品の場合やご注文と異なる商品をお届けした場合のみ
返品・交換を受け付けます。
商品到着後24時間以内にご連絡ください


【返品送料】

初期不良、発送商品間違いの場合、当店着払いにて対応いたします。

お問い合わせ

販売業者:株式会社ZEROTOP
運営統括責任者: 佐藤真弘 山﨑幸男
所在地:東京都渋谷区渋谷2-10-15
古物営業許可番号:第303311506828号
パートーナー会社 AMAZE PARTNERS LIMITED
Flat 1, 5/F, Cammer Commercial Building, 30-32 Cameron Road,Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong

お問い合わせは お問合せ窓口へ から

PCリボルバーキャラクター ペネロペ・シリンダー・ローリング